良くある質問

ハブラシの選び方を教えてください。
歯並びや口の大きさに合わせてハブラシの大きさ(超コンパクト、コンパクトなど)を選び、歯ぐき(歯肉)の健康状態に合わせて毛の硬さを選びましょう。 歯ぐきが弱い方、また歯肉炎などで歯ぐきから出血しやすい方は、「やわらかめ」のハブラシでていねいにブラッシングしてください。歯肉出血などが改善されましたら「ふつう」のハブラシへ変えていくとよいでしょう。 パッケージの表示を確認して購入するようにしましょう。
治療した歯がまたムシ歯になってしまいました。どうして同じ歯がムシ歯になるのでしょうか?
一度ムシ歯になったということは、それだけムシ歯リスクが高い証拠です。歯並びや歯の形、歯磨きのクセによる磨き残しなどが原因で、歯垢(プラーク)がたまってムシ歯になりやすい歯だと考えられます。ですから、いい加減な歯磨きをしていると、充填した詰め物のまわりに歯垢(プラーク)が付着し、再度ムシ歯になってしまいます。治療済みだからと油断していたら、気づいたときには、驚くほどムシ歯が進行していたなんてケースもあります。治療した歯は、今まで以上に丁寧なケアを心がけてください。
痛みなどがない場合自己流ケアでOK?
毎日のセルフケアだけでは、むし歯や歯周病の原因となる歯垢を完全に取り除くことや歯石を除去することは困難です。
正しい「予防歯科」とは、日々の「セルフケア」と歯科医院での定期的な「プロケア」の両方を組み合わせて実践するもの。年に2回は歯科医院で歯と口の状態をチェックし、セルフケアでは落とせない汚れの除去や予防処置、セルフケアの指導を受けるようにしましょう。