小児歯科

小児のむし歯

乳歯や生えてきてまだ年が浅い永久歯は、成人の歯(成熟した永久歯)とは異なる性質を持っており、その治療法も成人の歯の場合とは異なる部分が多くあります。簡単にいえば、虫歯になりやすく虫歯が進行しやすいという不利な特徴と、回復力に優れ治りやすいという有利な特徴をあわせ持っています。
 
小児の歯にできた小さな虫歯を放置していると、短期間でみるみる虫歯が進行し、その結果大きな穴が開いてしまうケースがしばしば見られます。そのため、小児の虫歯はたとえ小さいものでも要注意で、もしも虫歯の疑いがある場合は早めの受診をお勧めします。